カウンター オーストラリア | Sweet Candy Rain

Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Archives
Categories
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
生まれて初めて車購入!

本日、オーストラリアにて、人生初めて車を購入しました☆日産のマイクラという車です。

日本では母と共同で使っていたし、こちらでは夫と共同で使っていました。なので自分で買ったことがなかったのです。ですが都合によりもう一台必要になり、購入することにしました。

車欲しいかな、と思い出して、2日後にはあれやこれやという間に、購入が決まったんです。

車さんとの出会いも、運命なんでしょうかね?!

買ったのは中古車ですが、とってもきれいで良い状態です。

形も色もかわいいんですよオーストラリアでかわいい車が買えて本当に嬉しいです。

色はライラック色だそうです。色名まで可愛い!(親ばか状態ですね。笑)

ちなみに、走行距離は5万キロほどで、値段はお義父さんが値切ってくれたため、7500ドルでした。

大事にしていきたいです。

| オーストラリア | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
Nannup ナナップフラワーフェスティバル

今日はナナップという町でフラワーフェスティバルがありました。

ナナップはマーガレットリバーから車で片道1時間。いつ行ってもお花が綺麗だし、可愛らしいお店も多くて気に入っています。

小さな町なのでいつもは静かな感じですが、今日は大賑わいでした!

お花 お花 人 人 人 ・・・!

地元の女性たちによるキルト、クラフトの展示販売があったり、食べ物や洋服を売るマーケットストアもたくさんありました。

こちらはキルトクラフト展示販売の建物です。建物前にも手作りの旗やキルトが。

チューリップを育てて売っている、チューリップファームです。敷地がだだっ広かったです。さすがオーストラリア?

ストリートにて。↑ナナップはいつもこんな感じで通りにお花が咲いているんですよ。

いつ行っても可愛いのです。西オーストラリアに来ることがあって、お花好きだったら、とってもおすすめの町です♪

| オーストラリア | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
何年振り!?の近況報告です

なんとなくブログから遠ざかってしまい、気がついたら、何年か更新していませんでした。
それなのに時々アクセスがあるものなんですね。見てくれた方ありがとうございます。
私や主人は、相変わらずのんびりしたペースで暮らしています。
ブルームやケアンズという町に暮らしたりして、またマーガレットリバーに帰ってきました。
今までのことをゆっくり記事に書こうかな、と思います。

まず一番最初に書きたいことは…
猫が家族に加わりましたハート 名前はビンカといいます。ケアンズから連れてきました。
ケアンズで、日本にいたときからしたいと思っていたボランティアができたんです。
それは、「犬や猫の保護施設でボランティアする」ということ。
ケアンズのRSPCAという施設で、猫ハウスのお掃除やエサやりの仕事をしたんです。
週一で好きなときに通えたので参加しやすかったです。スタッフの人達もとても親切でしたし。
そこでどうしても気になる猫に出会ってしまって…。
最初、エサやりでハウスに入ったとき、その猫は人懐こく私の背中に飛び乗ってきたんです!
賃貸のお部屋ではペット禁止だったので飼えなかったのですが、ちょうどタイミング良く、マーガレットリバーに帰ることになったので、施設から引き取ることができました。

最初の出会いから一目惚れで、ビンカと一緒に暮らして10か月ですが、今でも本当にラブラブ暮らしています。
私の元に来てくれてありがとうお願い
ちなみに私が仕事に出掛けている日中は、このケージに入れています。
本来はにわとり用のケージなのですが、ビンカにぴったりですちゅん

| オーストラリア | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
マーガレットリバーに戻ってきました☆
長い間ひとりで日本に帰らせてもらって、今またオーストラリアに戻ってきました。

実家で彼の両親と暮らしているのですが、私たちは離れの部屋に住んでいます。
私が帰る日に合わせて、その部屋にお母さんが、素敵なお花を生けていてくれました

結婚式のときの写真と合わせて、素敵なコーナーが・・・本当に嬉しいです☆


こちらも、窓辺に飾ってくれてありました。
すべて敷地内のブッシュ(林?)やお庭で摘んでくれたものです。


後日、上の2つのお花が、もうそろそろ終わりだなという頃、
またお母さんがお花をくれました!
こちらは、優しく華やかな感じで、さらにさらに大好きな花束でした


オーストラリアのワイルドフラワーは、たいていとても小さなお花です。
組み合わせると本当にかわいく綺麗になるんですね・・・♪
お母さんのセンスもすごいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
| オーストラリア | 18:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
Kさんのご飯
しばらくブログほったらかしでしたが・・・・
一ヶ月間オーストラリア(WA マーガレットリバー)に行ってきました

いつも遠距離のKさんと一ヶ月も一緒に過ごせて、すごく嬉しかった!
半年ぶりに会えました。嬉しかったー

オーストラリアでの食事について。


キャンドルも灯して・・・


ライスwithレッドビーンズ☆


「あきちゃーんランチできたよ。」 卵とトマトのヌードル


お庭でとれた自家製トマト、きゅうり、じゃがいも!贅沢☆

Kさんの料理は美味しかったです
| オーストラリア | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
camping in tasmania
今を生きていないわけではないのですが
まだ書きたいことがいっぱいで…
なのでまだオージー日記が続きます。
帰ってからどのくらい経つでしょう。。
読みかけの本は進んでいないし
お世話になった人たちにお礼の手紙もできていないし
フラワーエッセンスのこともまだ、、、
ひとつ何かをしていると、それでいっぱいになってしまいます。
ええと、つまりは怠惰なのです
 
 * * *

彼がタスマニアまで遊びに来てくれたときのこと。

レンタカーを借りてLake Pedderという湖まで小旅行に行きました。
タスマニアの町ホバートを出て、すごく嬉しそうだった彼。

あの小さな町でも、早く町から出たーい!!となっちゃうなんて、
私の住んでるところにはきっと住めないだろうな。そう思うと少しさみしい。

ホバートから西へ西へ。Mt.Fieldナショナルパークに寄ったりもしながら。

Lake Pedderの少し手前にあるキャンピングサイトで
テントを張ることにしました。
キャンプサイトといってもシャワーもなければキッチンもなく、
トイレ・椅子とテーブル・飲み水用の蛇口・ゴミ箱があるだけの場所です。

日が暮れた頃、私が着替えをしたり顔を洗ったり散々ばたばたした後、
彼のいる所へ戻ったら、彼は落ち着いた様子で
屋根の下のテーブルの上に座って壁にもたれ
夜の空気と同化していました。

そのとき 彼の美しさにどきっとしました。
大げさだけど、その佇まいの美しさと私のせせこましい感じとのコントラストに
びっくりしたのです。
自然の中で彼はほんとにほんとにかっこいいです

テントだってぱぱっと組み立てる☆
小さな料理道具で、ご飯も作ってくれる☆笑



ふわふわの苔の絨毯の上にテントを作りました。
夜間降った雨の音がまた心地良く、本当にぐっすり眠れました。
テントの中では寝袋に包まり、みの虫のようになって眠ります。



翌朝、Lake Pedderにて。
ここは昔ピンククウォーツで出来た砂が一面に広がっていたそうです。
ピンク色の湖が見たかったです。それでもこの風景も十分綺麗でした。

JUGEMテーマ:オーストラリア
| オーストラリア | 21:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
タスマニアツアー
タスマニアでツアーに参加したときのこと。
8日間の長いツアーで、タスマニアのいろんな場所をたくさん周ることができました。

その中で一番好きだったのは、
北西部にあるターカインという原生林地域です。



観光客が入れるようになっているのですが、
歩くための道も作られておらず
原始的なシダ植物に覆われた森の中を
小さな道標に沿って歩きました。
森に入って、そこには何かが宿っているような
不思議な強いエネルギーを感じました。
ツアーで仲良くなったダーナも、マジカル!!と言っていました。





ターカインには樹齢3000年といわれる木も生えているそうです。

ダーナはツアー中に仲良くなったオーストラリア人の女性。
12歳くらい年上なのですが少女みたいな柔らかい感性がある人で
一緒にいて本当に楽しかったです。
はしゃぐし怒るしかわいくて!

 
ツアーガイドが人種についての話題を出し、
akikoはどこかの国の人が好きとか嫌いとかそういうのある?みたいに聞かれたとき、
私より先にダーナが
「akikoは人種差別者じゃないわ!私と一緒よ」
と言い切ってくれたのでした。
そんな話ダーナとしてなかったのに。ほんとに嬉しかったな。

太い幹の木を抱きしめたり、コケの上に寝転んだり
自然体のダーナ や ツアーメイト達でした。

イギリスから来ていたパトリックも、自然大好きな人。そしてとても親切な人でした。

マウントフィールド国立公園でハイキングしたとき
雨が降ってものすごく寒かったんです。
折りたたみ傘しか持っていなくてレインコートがなかった私に自分のコートを貸してくれた。。
余裕があるときには優しくってできそうだけど、
ああいう状況のときに優しくできるってすばらしい人だと思います。
もう一度会ってお礼がしたいです。
パトリックがお医者さんになったら掛かりたい


ツアー会社はUNDER DOWN UNDER TOURSでした。
8日間で朝食・昼食・宿代込みで9万円くらいです。
もしタスマニアに行く機会があればおすすめです!
ダーナがガイドさんの話を噛み砕いてゆっくり説明してくれたので
貧弱な英語でもやり過ごせました

読んでくれた人にタスマニアツアーの雰囲気が少しでも伝わるといいなぁ。




JUGEMテーマ:オーストラリア
| オーストラリア | 23:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
マクロザミアのお家
彼と弟が、森に巣を作ったよーと写真を送ってくれました♪
マクロザミアという植物の葉っぱで編まれているの。
巣というか秘密基地のようです。ものすごく怪しい!笑




マギードッグ

小さな頃から森で遊んでいたから、自分で編み方を見つけたらしい。
すごいすごい♪
22歳なのに仙人みたい。

| オーストラリア | 20:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
自然の中で暮らす
タスマニアで、ある日本人女性(Aさん)のお家にお邪魔しました。
私がネット上でその方のブログに出会ったのがきっかけです。
どうしてもここのお家で暮らしてみたい!と強く思ったのがきっかけで、
無理を言って1週間ほど滞在させてもらうことができました。
ここではWWOOFのような形で、建設中のお家の掃除などをお手伝いしました。

・ ・ ・ ・ ・
エコロジーを考えて暮らすって、なかなか難しいですよね。
Aさんの家では暖房も最小限だし、衣服や家具もできるだけセカンドハンドのお店を利用しています。
建設中だったお家の窓や扉も、セカンドハンドのお店で購入した物を利用していました。
「簡単にゴミにするって…何だか可哀想じゃないですか」と、さらっというAさん、
とても優しい方でした。

トイレもコンポースティングトイレという水を一切使わないもので、
木屑を利用し人間のし尿を2年がかりで堆肥にできるというものでした。
その堆肥はガーデニングに使えます。
雨水タンクを利用して生活水をすべて雨水でまかなうとか、
生活のあらゆる部分で環境に対する配慮が徹底されていてすごかったです。

「食」を中心に健康のことも大事に考えられていて、
毎日丁寧に、体に優しい食事を料理されていました。
今まで読んだ食に関する本は200〜300冊ほどだそう!
すごいです。
旦那さんが日光アレルギーだったのに、Aさんの料理を食べ続けて数年で治ったと聞きました。
食事が体に与える影響ってすごいですね。。

こんなAさんとの出会いで
これからの食生活を考える良いきっかけになりました。

これがこの地域の道です
これがここの地域の道路です。

建設中のお家
建設中のストローベイルハウス

お味噌汁に小豆のご飯、オーストラリアで食べられるとは♪
おいし〜い朝ごはんです♪

JUGEMテーマ:エコライフ 
| オーストラリア | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
WWOOF体験
タスマニア州は大自然が素晴らしい所だと聞いていたので
観光だけじゃなくて長い期間滞在したいと思いました。
そこで、観光ツアーとWWOOFを組み合わせて滞在する計画を立てたのです。
WWOOFとは労働と引換えに、宿泊場所とご飯を無料で提供してもらうというものです。
私はそれを通して一つのWWOOFホストにお邪魔することができました。

そこは、それはそれは素敵なところ…☆
ホスト夫婦のお庭やお家に対する愛情に感動してしまいました。
ガーデニングや家作りが大好きというご夫婦で、
土地を購入したときはブッシュだったという場所を大きなガーデンにしたり、
作りかけで未完成だった家を完成させたり、
家族でゆっくり手を掛けながら作り上げた場所なんです。

ホバートシティの近郊にあるお家なのですが
山の近くなのでワラビーやポッサム、野鳥、カンガルーなど野生動物も見られます。
そこでガーデニング・料理・ソーイングのお手伝いしました。
野菜を植えたり、カーテンを縫い合わせたり、お寿司を作ったりしたんですよ☆

ホスト夫婦はとても親切で優しく、ユーモアもあるご夫婦でした。
3匹の犬を飼っているのですが
その全ては昔の飼い主が飼えなくなり処分施設に送られる寸前だった犬や、
虐待を受けていた犬です。
老いて現役引退してしまった盲導犬を引き取り、最期をお世話することもあるのだとか。
本当に心の優しいご夫婦なんです。
愛情溢れる家族と、豊かな自然の中で暮らせる犬達は幸せだろうなと思います。
私もそんな生活の仲間に入れてもらえて幸せでした。

お家の様子を動画で少し




これは私が泊まっていたお部屋です。
落ち着かなくてベッドの隅っこで寝ていました。笑


ガーデンの一部です


広大な敷地の果てに、見晴らしの良い丘があります
ここは犬の散歩コース♪

JUGEMテーマ:オーストラリア
| オーストラリア | 22:20 | comments(7) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>

アクセス解析写真素材集 ブログCandy LogWEB R